印刷用のページ

研究業績

研究業績

研究活動に伴って発表した論文・報告書等のリストです。

1 査読付き論文 

1). 酸性雨・大気汚染、植物影響など

13.  Watanabe, K., Honoki, H., Iwai, A., Tomatsu, A., Noritake, k., Miyashita, N, Yamada, K., Yamada, H., Kawamura, H. and Aoki, K. Chemical characteristics of fog water at Mt. Tateyama, near the coast of the Japan Sea in Central Japan. Water Air Soil Pollut. 211, 379-393, 2010

12. Watanabe, K., Honoki, H., Naruse, I., Endo, F., Murakami, T., and Yoshida, Y., Measurements of Arosol Number Concentrations, Sulfate Aerosols and Rain water Chemistry at Bijodaira, western slope of Mt. Tateyama, Japan, Journal of Ecotechnology Research, 15(2), 49-52 (2010)

11.  Kume, A., Numata, S., Watanabe, K., Honoki, H. Nakajima, H. and Ishida, M., Influence of air pollution on the mountain forests along the Tateyama-Kurobe Alpine route, Ecol Res (2009) 24: 821-830

10. 渡辺幸一、朴木英治、富山市における20075月の高濃度オゾンとエアロゾル粒子の事例解析、J. Ecotech. Res.,13,(4), 277-282, (2008)

9. Watanabe, K., Honoki, H., Kawashima, K. Kitamoto, A., Nakayama, Y. and Kawakami, T. Size distributions of Aerosol number concentrations and water-soluble constituents and precipitation chemistry in Toyama, Japan, J. Ecotech. Res., 13(2), 65-71, 2007

8. Honoki, H., Watanabe, K., Iida, H., Kawada, K., and Hayakawa, K., Deposition analisys of nonsea-salt sulfate and nitrate along to the northwest winter monsoon in Hokuriku district by a snow boring core and bulk samples, Bulletin of the Glaciological Research, 24, 23-28, 2007

7. 渡辺幸一、朴木英治、吉久真弘、西野 幹、柳瀬友治、立山美女平におけるオゾン、窒素酸化物、二酸化硫黄濃度の測定、大気環境学会誌、41(5), 268-278, 2006

6. 渡辺幸一、名取千晶、朴木英治; 立山における霧水の化学成分, 大気環境学会誌, 40(3), 122-128, 2005

5. 朴木英治、早川和一; 富山市における冬期降水中のアジア大陸起源の非海塩性硫酸イオンと硝酸イオン, J. Ecotech. Res., 10(2), 101-106, 2004

4. 渡辺幸一、朴木英治; 立山中腹(美女平)における秋期のオゾン濃度変動, J. Ecotech. Res., 10(2), 73-76, 2004

3. Watanabe, K. and Honoki, H.; On the Kosa (Asian dust) event in November 2002: Aerosol number concentrations and precipitation chemistry in Toyama, Japan, Journal of the Meteorological Society of Japan, 81(6), 1489-1495, 2003

2. Honoki, H. and Hayakawa, K.; Origin of Acidic Components in Precipitation in Winter in the Hokuriku Districts, J. Ecotechnology Research, 7(2), 79-83, 2001

1. Honoki, H., Tsushima, K. and Hayakawa, K.; Inorganic constituents in snow accompanied by winter wind and their origin in the Hokuriku districts, J. Heal. Sci., 47, (6), 559-564, 2001

 

2). 丘陵地小河川の酸性化・窒素飽和に関して

4. Kawakami, T. and Honoki, H., Flow-path mpdel to identify the sources and factors regulating the nitrate concentration of a nitrogen (N) – saturated stream, Environment Forensices. 9, 265-270, 2008

3. Honoki, H. and Kawakami, T.; A mechanosm of nitrate leaching from a nitrogen-limited watershed into a stream on Imizu Hill, central Japan, J. Ecotechnology Research, 11(4),189-192, 2005

2. 朴木英治、川上智規; 窒素飽和状態の渓流水における水質変動特性, J. Ecotech. Res., 11(1), 29-34, 2005

1. Kawakami, T., Honoki, H. and Yasuda, H.; Acidification of a small stream on Kureha Hill caused by nitrate leached from forested watershed, Water, Air, and Soil Pollution, 130, 1097-1102, 2001

 

 

3). 温泉生成物に関して

1. 赤羽久忠・安田郁子・宮島宏・後藤克己・朴木英治; 温泉水中での珪華の形成, 地質学雑誌, 103 (2), 154-162, 1997

 

 

4) 国際会議論文

2. Honoki, H. Kawakami, T., Yasuda, H. and Maehara, I.; Nitrate Leakage from deciduous forest soils into streams on Kureha Hill, Japan, Proceedings of the 2nd International Nitrogen Conference on Science and Policy, 548-555, 2001

 

1.      Honoki, H. and TSUSHIMA, K.; Deposition over the plain from Ishikawa Prefecture to Toyama Pref. by one time snow fall, Proceeding of International Congress of Acid Snow and Rain Niigata 1997, 243-248, 1997

 

  

2 著書

3. Hideharu Honoki, Koichi Watanabe, Masamoto Tafu and Kazuichi Hayakawa, Deposition of the acidic constituent in plains to mountain area around the Japan Sea, Past, Present and Future Environments of Pan-Japan Sea Region, Maruzen Co., Ltd., 230-245, 2006

2. 朴木英治; 北陸地域の酸性雨・雪, 環日本海学 森・海・空のメッセージ- (分担執筆), 金沢大学21世紀COEプログラム 環日本海域の環境計測と長期・短期変動予測モニタリングネットワークの構築と人為的影響の評価, 84-93, 2005

1. 朴木英治・早川和一; 降水, 水ハンドブック(分担執筆), 丸善(東京), 68-82, 2003

 

                  

 査読のない論文・短報・報告書関係

1)   降水の化学組成・酸性雨関係

13.朴木英治・渡辺幸一、立山における酸性雨観測結果(2008)、富山市科学博物館研 究報告33, 113-120, 2010

12.朴木英治・渡辺幸一・米谷正広, 立山における標高別の酸性雨観測結果2007, 富山市科学博物館研究報告, 32, 125-131, 2009

11.朴木英治・渡辺幸一; 立山における酸性雨観測結果2006, 富山市科学博物館研究報告, 31, 105-112, 2008

10.朴木英治・渡辺幸一; 立山における標高別の酸性雨観測結果2005, 富山市科学文化センター研究報告, 30, 89-97, 2007

9.朴木英治・渡辺幸一; 立山における標高別の酸性雨と霧水の違いに関する調査結果2004, 富山市科学文化センター研究報告, 29, 123-131, 2006

8.朴木英治・渡辺幸一; 立山における酸性雨観測および降水と雲粒との化学成分濃度の違いに関する調査, 富山市科学文化センター研究報告, 27, 81-85, 2004

7.朴木英治; 雪雲の移動に伴う降水中のnss硫酸イオン濃度の変化, 富山市科学文化センター研究報告, 19, 27-31, 1996,

6.朴木英治; 有峰湖における降下物観測, 常願寺川流域(有峰地区)自然環境調査報告(富山市科学文化センター), 309-315, 1996,

5.朴木英治; 富山市での降水による海塩成分降下の特徴、および、冬季降水中のナトリウムイオン濃度に対する冬型強さの関係, 富山市科学文化センター研究報告, 16, 83-90, 1993

4.朴木英治; 富山市における酸性雨の経年変化と地域差, 富山市科学文化センター研究報告, 15, 95-100, 1992,

3.朴木英治; 市民参加による酸性雨の分布観測, 富山市科学文化センター研究報告, 14, 151-153, 1991,

2.朴木英治; 酸性雨観測, 富山市浜黒崎海岸自然調査報告書, 富山市科学文化センター, 122-123, 1991,

1.朴木英治; 富山市における降水中の主要イオン相互、および、それらと気象要素との関連性, 富山市科学文化センター研究報告, 13, 151-155; 1990,

 

2) 陸水・地下水・水文関係

17.朴木英治; トンボの沢の水質特性, 富山市ファミリーパーク園内自然環境調査報告

16.朴木英治;トンボの沢の水温と地温との関係(印刷中)

15.朴木英治・川上智規; 富山市三の熊地内の谷地の水収支, 里山(富山県中央部)の自然環境調査報告書 Ⅰ環境・動物・植物編, 富山市科学文化センター,41-44, 2005

14.朴木英治; 射水丘陵の谷地の谷水の水質, 里山(富山県中央部)の自然環境調査報告書 Ⅰ環境・動物・植物編, 富山市科学文化センター, 33-39, 2005

13.朴木英治・若菜勇; イオン組成から見た霧多布湿原の水環境の特性とそれに対する湧水の寄与, 平成14年度 霧多布湿原学術研究助成報告書, 2003

12.朴木英治・赤羽久忠・山本茂・金山昌一; 立山カルデラ内の温泉および湯川の主要溶存成分組成, 立山カルデラ砂防博物館研究紀要, 1, 1-7, 2000

11.朴木英治; いたち川の水質(1995-97, いたち川自然環境調査報告(1995-97)(富山市科学文化センター), 7-22, 1998

10.朴木英治; いたち川支流の水質, いたち川自然環境調査報告(1995-97)(富山市科学文化センター), 23-26, 1998

9.朴木英治; いたち川の流域の自噴井・湧水の水質, いたち川自然環境調査報告(1995-97)(富山市科学文化センター), 27-30, 1998

8.いたち川調査グループ(朴木英治・安田郁子・布村昇・根来尚・南部久男・太田道人・坂井奈緒子・松田静男); 総合討論, いたち川自然環境調査報告(1995-97)(富山市科学文化センター),103-105, 1998

7.朴木英治; ファミリーパーク地内における降下物観測と湧水・小渓流水の水質, ファミリーパーク地内自然環境総合調査報告((財)富山市ファミリーパーク公社), 193-207, 1998

6.朴木英治; 常願寺川の水質, 富山市科学文化センター研究報告, 19, 33-37, 1996

5.朴木英治; 常願寺川扇状地地下水の水質, 富山市科学文化センター研究報告, 19, 47-48 , 1996

4.朴木英治; 富山県・石川県の山地・丘陵地湧水の水質, 富山市科学文化センター研究報告, 19, 49-51, 1996

3.朴木英治; 有峰湖流入河川の水質, 常願寺川流域(有峰地区)自然環境調査報告(富山市科学文化センター), 317-328, 1996

2.朴木英治; 呉羽丘陵の水質, 富山市呉羽丘陵自然環境調査報告(富山市科学文化センター), 245-253, 1994

1.高倉盛安・茶木淑子・朴木英治; いたち川の水質, 富山市科学文化センター研究報告, 10, 83-102, 1987

 

3) 生態学関係

3-1) 森林生態学系

4.朴木英治; トンボの沢の気温特性, 富山市ファミリーパーク園内自然環境調査報告

3.朴木英治;トンボの沢の水温と気温・地温との関係, 富山市ファミリーパーク園内自然環境調査報告

2.朴木英治; 広葉樹の樹冠を通過した降水の化学成分特性, 富山市ファミリーパーク園内自然環境調査報告

1.朴木英治; 富山市三熊地内の谷地の微環境・微気候, 里山(富山県中央部)の自然環境調査報告書 Ⅰ環境・動物・植物編, 富山市科学文化センター, 9-31, 2005

 

3-2) マリモ生育環境と湖沼調査関係

7.朴木英治・岸圭介・若菜勇; 釧路湿原湖沼群シラルトロ湖における湖水および湖底湧水の水質特性, 標茶町郷土館報告, 13, 95-104, 2001

6.若菜勇・朴木英治・新井章吾; 鳥海山獅子ヶ鼻湿原の球状ゴケ‘鳥海マリモ’の生育環境と生成過程, マリモ研究, 5, 16-29, 1996

5.朴木英治; タテヤママリモ生育水の水質, 富山市科学文化センター研究報告, 18, 59-60, 1995

4.朴木英治・若菜勇; 富士北麓マリモ生育湖沼の水質, 富山市科学文化センター研究報告, 18, 61-62, 1995

3.朴木英治; 湖水・湧泉および流入河川の水質、山梨県指定天然記念物「フジマリモおよび生息地」調査事業報告書・西湖のフジマリモ-生育状況と環境-(山梨県足和田村)、58-67, 1995

2.朴木英治; タテヤママリモの生育環境, 立山マリモ生育状況調査報告書(富山県立山町), 19-28, 1995

1.朴木英治; マリモ生育湖沼の水質, 立山マリモ生育状況調査報告書(富山県立山町), 29-45, 1995

 

3-3) 両生類の生息環境関係

4.朴木英治・南部久男; 富山県大山町のハコネサンショウウオの産卵場所の水質, 富山市科学文化センター研究報告, 19, 44, 1996

3.朴木英治・南部久男; 富山県立山町のヤマサンショウウオの産卵場所の水質, 富山市科学文化センター研究報告, 18, 57-58, 1995

2.朴木英治・南部久男; 富山市におけるホクリクサンショウウオの水質(2), 富山市科学文化センター研究報告, 17, 117-118, 1994

1.朴木英治・南部久男; 富山市におけるホクリクサンショウウオの産卵場所の水質, 富山市科学文化センター研究報告, 11, 139-140, 1987

 

4) 温泉生成物・海水関係 

2.朴木英治; 沿岸塩分濃度, 富山市浜黒崎海岸自然調査報告書(富山市科学文化センター),120-121, 1991

1.赤羽久忠・後藤道治・朴木英治; 第2次黒部峡谷餓鬼谷噴泉塔学術調査報告(地質・水質)(富山県宇奈月町), 2-23, 1990