富山市科学博物館 > 科学博物館の紹介 > 富山市の身近な自然調査 > 2012年度 > この調査って、なにするの?(2012)

この調査って、なにするの?(2012)

セミの種類や分布、ヒガンバナの咲いた日など、家の近くで対象となる生き物を探し、インターネットを通して報告する自然環境調査です。

多くの市民のみなさまの協力を得て、富山市の自然の現状について調べ、得られた結果から郷土の自然について考えます。さらに詳しく...「はじめに」>

調査の内容

調査項目 2012年度に調べるのは6項目
調査対象アイコン
  • セミの抜け殻
  • セミの成虫
  • アカミミガメ
  • ニホンジカ
  • アオマツムシ
  • ヒガンバナ
調査方法  「調査のポイント
調査範囲  富山市全域

参加方法と流れ

STEP1
参加申込みする。
行事申し込み OnLine受付」からお申し込みください。
必ず電子メールアドレスを登録してください。(PC用アドレスでも携帯電話用アドレスでもかまいません)お申し込みいただいた方には、随時、調査方法、調査開始のタイミング、報告のしかたなどを書いたメールを送らせていただきます。
※)参加登録の有効期限は、この自然調査の終了までです(平成28年度の予定)。途中でやめることもできます。
※)小中学生が参加される場合は、保護者の方が申し込んでください。
STEP2
調査依頼メールが届く。
いよいよ調査開始です!
調査に行く前に、「調査のポイント」で調査方法を調べよう。
STEP3
調査する。
100359_01.gif野外で実際に調査しよう!
報告方法に合わせて、必要なものを準備して行こう!
100359_02.gifSTEP4
報告する。
報告の方法は2とおり
  1. 電子メールで送る (写真や動画のファイル)
  2. 博物館まで持って行く (セミの抜け殻の実物のみ)
詳しくは、「報告のしかた」をご覧ください。お送りいただいた写真に写っている生き物の名前は、科学博物館が種類を同定して、折り返しお知らせします。
STEP5
分布図ができる。
皆さんからいただいた報告を集計して分布図などをつくり、このホームページや博物館の展示室で随時公表します。
STEP6
富山市の自然状態が分かる。
現在の富山市の自然がどのような状態であるのかを理解し、過去からどのように移り変わってきて、今後どうなっていくのかを分析します。

2012年から2016年にかけて富山市内で身近な自然について調べます

2012年にスタートしたこの調査は、このあと2016年まで続ける予定です。調査対象となる生き物や環境要素もどんどん追加していきますので、ご期待ください!

PAGETOP