富山市科学博物館HOME > 富山市天文台トップ > 2018年1月31日の月食

    2018年1月31日の月食

 2018年1月31日夜遅くに、皆既月食がみられます。
 当日は天文台は展示替え、機器の点検のため、休館中です。
 ただ、皆既月食は肉眼でも十分楽しむことができますので、
 下記の時刻を参考に、ご自宅で月の形や色の変化をお楽しみください。
 なお、富山でみられる皆既月食は,約3年ぶりになります(前回は2015年4月)。




富山からみた月食の状況


食の状況(拡大図)
天頂方向が上です
観察ポイント
 20時48分ころ
 食のはじめ
 半影月食があるので、肉眼ではすでに
 欠けている様に見えます。
 21時20分ころ
 半分が明るい月、半分が赤い月という
 珍しい月が見えます。
 このころから皆既までが見ごろ。
 21時51分ころ
 皆既食のはじめ
 直前は糸のように細い月。
 まわりの空が急に暗くなります。
 22時30分ころ
 食の最大(食分1.32)
 完全には真っ黒になりません。
 ぼんやりと月明かりが残っています。
 23時08分ころ
 皆既食のおわり
 月明かりが戻ってきて感動的です。
 暗い月を見馴れた目には新鮮です。
 23時40分ころ
 半分が明るい月、半分が赤い月という
 珍しい月が見えます。
 0時12分ころ
 食のおわり
 ほぼ丸くなりますが、肉眼では少し
 欠けたように見えます。




【月食まめ知識】

 【最近の月食】
 前回、富山でみられた月食は2017年8月8日の部分月食です。
 次回の富山でみられる月食は2018年7月28日の皆既月食です。


 【望遠鏡で見た月食】
 月食の時の影は望遠鏡でみても明るい場所と暗い場所の境界が
 はっきりしません。これは地球に空気があるので、影がくっきり
 しないからです。また、満月の時には正面から太陽が当るので、
 影ができにくく、クレーターはくっきりとは見えません。
 月食は高い倍率の望遠鏡でみてもかえってはっきりせず、双眼
 鏡や低い倍率の望遠鏡で観察することをお勧めします。


 【月食の影が移動するわけ】
 月食は月が太陽でできる地球の影を追い越すことにより進行し
 ます。一般に、最初は左の方から欠け始め、皆既の時には地球
 の影にすっぽりはいります。その後、右の方へ影が移動し、皆
 既が終了します。

 【満月の時に必ず月食が起こるわけではありません】
 月食は満月の時に起こりますが、満月の時に必ず月食が起こる
 わけではありません。これは見かけ上、月の通り道と太陽の通
 り道が小さな角度で交差しているので、満月の時には地球の影
 が北にあったり、南にあったりするからです。


Copyright(C)1997-2018 Toyama Science Museum, TOYAMA (JAPAN) All rights reserved