ホーム
ご来館の皆さま
イベント情報
団体で
ご利用の皆さま
当天文台について
 富山市天文台 更新情報
更新情報
最終更新日:2017年10月31日

ギャラリーへのリンクバナー 今月の星座へのリンクバナー ライブ配信へのリンクバナー 天文の部屋へのリンクバナー 人工衛星へのリンクバナー


当天文台について

沿革

 富山市天文台は1956年に開館しました。国内の公開天文台の中では3番目に長い歴史を持つ天文台です。当初は富山市中心部から程近い呉羽山にあり、鏡磨きの名人と言われた木辺成麿(きべしげまろ)氏の研磨による口径40cmの主鏡を備えた反射望遠鏡を設置し、天体や天文学への興味関心を高める様々な活動を行ってきました。また当時は珍しかった口径25cmF2のシュミットカメラと独自開発の冷却カメラによって多数の貴重な天体写真を撮影し、さらにやはり当時は珍しかった月のビデオ撮影も行いました。
呉羽山天文台の外観写真

 周囲の街明かりの影響が大きくなり、また望遠鏡や建物の老朽化が進んだことから、1997年、より自然の豊かな富山市三熊へ移転しました。現在の天文台では、口径1mの主鏡と人工衛星を追尾できる高精度の架台を持った天体望遠鏡を設置しています。
1メートル反射望遠鏡の外観写真
大きい画像はこちら(182KB)

1954年4月富山産業大博覧会の展示の一つとして、口径40cm天体望遠鏡が設置される(博覧会終了後は市役所屋上に仮設置。当時の様子は富山市郷土博物館博物館だより第四号に詳しくあります)。
1956年9月7日呉羽山に富山市天文台が建設され、口径40cm天体望遠鏡を移設し、初めての観測会を開催(火星の大接近に合わせて)。
1957年4月26日アランド・ローランド彗星観測。
1957年8月20日ムルコス彗星観測。
1957年10月14日人工衛星「スプートニク1号」(ソ連)を観測。
1959年3月24日シュミットカメラ設置。
1963年7月21日北海道皆既日食を美幌にて観測。
1964年〜県内でいん石調査。
1964年8月天体写真シリーズ第1集「月令」発行。
1965年9月1日ビデオカメラを利用した天体観測会の開始。
1965年10月池谷・関彗星観測(10月20日には昼間の写真撮影にも成功)。
1972年8月ジャコビニ・ツィナー彗星観測。
1974年1月6日コホーテク彗星観測。
1976年3月5日ウエスト彗星観測。
1985年11月〜12月ハレー彗星観測。
1987年火星大接近観測。
1994年7月シューメーカー・レヴィ第9彗星の木星への衝突跡を観測。
1996年3月百武彗星観測。
1997年4月ヘール・ボップ彗星観測。
1997年6月呉羽山での最後の観測会。
1997年7月19日現在地(富山市三熊)に移転、新築。
↑このページのトップへ↑

外観等の写真

外観の写真1

大きい画像はこちら(7.2MB)
外観の写真2

大きい画像はこちら(884KB)
↑このページのトップへ↑


富山市科学博物館附属
富山市天文台
開館時間
日 - 火曜日
10:00-17:30
水 - 土曜日
13:00-21:30
※入館は閉館の30分前までにお願いいたします。
休館日のご案内
富山市天文台モバイルページにアクセスするQRコード
左のQRコードをクリック、または読み取ると富山市天文台の携帯サイトにアクセスできます。
天文台へのアクセス
住所
〒930-0155 富山市三熊49-4
電話
076-434-9098
FAX
076-434-9228
E-mail
taoスパム対策画像tsm.toyama.toyama.jp
交通
自家用車で来館の方
路線バスで来館の方
タクシーで来館の方
無料送迎バスのご案内
富山市天文台近辺の地図画像および広域地図のページへのリンク画像
富山市科学博物館ホームページへのリンクバナー 富山県天文学会ホームページへのリンクバナー 富山市ふるどうの森自然活用むらホームページへのリンクバナー 富山市ホームページへのリンクバナー


Copyright(C)1997-2014 Toyama Science Museum, TOYAMA (JAPAN) All rights reserved