富山市科学博物館HOME > 富山市天文台トップ > 天文の部屋 > 江戸時代の天文学 > 加賀藩・富山藩の天文暦学・測量学 > 偏角の測定とその目的




全体 天文暦学・測量学の歴史 時刻制度の歴史 加賀藩関係人名一覧 資料集
特集 金沢町測量
(文政5〜13年)
偏角の測定 彗星観測 西村太冲


偏角の測定

ここでは、偏角の測定とその目的について解説します。これは科学研究「江戸のモノづくり」の成果報告書「遠藤高mを中心に行われた加賀藩の技術文化の研究」の内容からまとめたものです。なお、この文章の責任は渡辺誠にあります。

偏角の測定と計算 どのようにして偏角を測定したのでしょう
磁石のさす方角の差に関する認識 磁石がどうして北からずれるかを考えています
加賀藩でのその他の認識 他の人はどう考えていたのでしょうか



富山市科学博物館富山市天文台
作成 2001
最終更新 2007-07-12
Copyright(C)2001-2007 Toyama Science Museum, TOYAMA (JAPAN) All rights reserved