富山市天文台撮影 国際宇宙ステーション(2017年12月22日) 富山市科学博物館HOME > 富山市天文台トップ > 天文の部屋 > 人工衛星 > 国際宇宙ステーション2017-12-22


国際宇宙ステーション(2017年12月22日)


当天文台の1m望遠鏡で撮影した、国際宇宙ステーション

見え始め15:22:59北西(仰角10度)
一番高く15:26:17(昼間)北東(仰角89度)
見え終わり15:29:32南東(仰角10度)




各モジュールの位置(ほぼ真下から見ています)。残念ながらソユーズは分かりませんでした。
このときのISSの状態はこちらが分かりやすいです。


 12月19日に金井宇宙飛行士が到着したISSを撮影しました。天気は良かったのですが、望遠鏡のトラブルで、天頂付近のわずか3秒程度しか望遠鏡を向けられませんでした。お客様には申し訳ないことをしてしまいました。。
 ソユーズ宇宙船は黒くてなかなか写りません。今回、金井宇宙飛行士が乗っていったソユーズ宇宙船も、残念ながら分かりませんでした。一番左端のプログレス補給船はよく見えています。17日に一足早く到着していたドラゴン宇宙船13号機や、2016年に取り付けられた風船型モジュールBEAMなどが見えています。




富山市科学博物館HOMEへ天文台トップページへ人工衛星のページトップへ