富山市科学博物館HOME > 富山市天文台トップ > 2018年度のイベント > 2018年度 星空の部屋


イベントページのバナー画像

ミニプラネタリウム『星空の部屋』

 ミニプラネタリウム「星空の部屋」では、毎月テーマを変更しています。
 下記のテーマと星座や神話などを紹介します。
 日中と晴天時ではない夜間、随時行います。お気軽におこしください。

開催月 テーマ 内容
4月 白萩隕石と流星刀物語 富山で発見された隕石とそれをもとに作られた日本刀について紹介します。
5月 月の不思議 月に関するさまざまな不思議を紹介します。
6月 金星 宵の明星として輝く金星に関するさまざまな不思議を紹介します。
7月 木星 太陽系でいちばん大きな惑星・木星とその衛星の様々な姿を紹介します。
8月 火星 15年ぶりに大接近する火星について紹介します。
9月 土星 土星とその衛星の様々な姿を紹介します。
10月 星のロマンチック街道 星々をたどりながら秋の星座にまつわる神話について紹介します。
11月 流星 流れ星について、いつごろ見えるか、その正体は何かについて紹介します。
12月 クリスマスと星
クリスマスのころは夜が長くなります。日本の夜景、冬の星座、クリスマスに関連する星について紹介します。
2019年
1月
冬の大三角とベテルギウス
明るい星が一番多い冬の夜空。冬の大三角と爆発するかもしれないというベテルギウスについて紹介します。
2月 富山での星の呼び名
冬に見える明るい星々が、地元富山ではどのように呼ばれていたかを紹介します。
3月 北前船−次郎吉物語−
江戸時代に太平洋で漂流し、ハワイ、ロシアと訪問した岩瀬出身の次郎吉について紹介します。


なお、内容は突然変更することがあります。その場合はご容赦願います。

このページのトップへ

最終更新日 2018-04-01
Copyright(C)2018 Toyama Science Museum, TOYAMA (JAPAN) All rights reserved