富山市科学博物館HOME > 富山市天文台トップ > 2017年9月のイベント


           2017年9月のイベント



9月25日(月)・26日(火) 臨時休館いたします。

イベント参加には入館料が必要です。(天文台まつりは無料です。)

☆企画展示 ☆天文台であそぼう ☆天体写真に挑戦! ☆星空観察会 ☆星空の部屋


天文台まつり

9月2日(土)
昼の部 午後2時30分 − 午後5時
夜の部 午後7時 − 午後9時15分


くわしいスケジュールはこちら
入館料無料

 
昼の部は、全天映像ショー、鉄球ボーリングゲーム、こまを作る工作など。
夜の部は、星のお話や、鉄球ボーリングゲーム、惑星わなげなど多彩な行事を行います。
また、土星や月を望遠鏡で観察し、お持ちのスマ−トフォンなどで撮影します。
 

昼の部  午後2時30分 − 午後5時

全天映像ショ−  全天映像ショ− 直径6.5mのドームに迫力ある動画を映します。
猫の動画、空中遊覧飛行映像、天文シミュレー
ション等、お子様から大人まで楽しめます。
当日、整理券を配布します。
投影:ニコニコプラネタリウム部。

14:30−17:00 (15分ごとに上映)
所要時間 約15分
 
昼間の星  昼間の星を見よう 大型望遠鏡でなら見ることができる、昼間
の星を観察します。
雨天曇天の場合は望遠鏡の解説を行います。

14:30−,15:30−,16:30−
所要時間 約20分
 
鉄球ボーリングゲーム  鉄球ボーリングゲーム レールの上を磁石を使用して加速させた鉄球
を走らせ、ピンを倒すボーリングゲームです。
磁石の数や、あるなしで何かが変わるかな?

14:30−16:30
 
こまをつくろう  こまをつくろう 直径8cmの円形の紙に色々な模様を描き、楊枝
を軸として、コマとして回します。
模様により、コマがどのように変化するかを
お楽しみください。

14:30−16:00
 
惑星わなげ  惑星わなげ 惑星の模型をねらってわなげをします。

14:30−16:00
 

夜の部 午後7時 − 午後9時15分

 
土星  スマホで
 土星や月を写そう
大型望遠鏡や小型望遠鏡でお持ちになった
スマートフォンで土星や月を撮影します。
悪天候の場合は望遠鏡の説明を行います。

19:00−21:15
 
立山での星空  星のお話 県内で美しい天体写真を撮影されている
富山県天文学会の会員の方々に、魅力的
な天体の紹介や写真撮影にまつわるエピ
ソードを紹介していただきます。

19:00-,20:30- 「オーロラ旅行記」
19:30-,21:00- 「星空の四季と天体写真の楽しみ」
20:00-    「どこより早い!日食のお話
2017アメリカ皆既日食inアイダホ」

所要時間 約20分
 
夏の大三角  天体解説
夜空に見える星や様々な天体を
屋上で紹介します。
雨天中止。

19:30-,20:30-
所要時間 約30分
 
鉄球ボーリングゲーム  鉄球ボーリングゲーム レールの上を磁石を使用して加速させた鉄球
を走らせ、ピンを倒すボーリングゲームです。
磁石の数や、あるなしで何かが変わるかな?

19:30−20:30
 
惑星わなげ  惑星わなげ 惑星の模型をねらってわなげをします。

19:00−20:30
 
こまをつくろう  こまをつくろう 直径8cmの円形の紙に色々な模様を描き、楊枝
を軸として、コマとして回します。
模様により、コマがどのように変化するかを
お楽しみください。

19:00−20:30
 
ブラックホール  天体や望遠鏡の
 質問コーナー

ブラックホールや夜空に見える天体、
天体望遠鏡の使い方、天体写真の撮影方法など
様々な質問に詳しい方がお答えします。

19:00-21:00
 



企画展示

「惑星展−探査機がとらえた姿−」

展示期間:9月24日(日)まで

 
 
 この時期に見える木星、土星を中心に探査機が解明
 した惑星の姿を紹介します。

 写真は木星の衛星、イオ。
 火山が噴火している様子がわかります。

 Credit: NASA/JPL/Ames Research Center
 

 

企画展示

「古代中国の星座−こんなに違う東洋と西洋−」

展示期間:9月30日(土)〜2017年1月28日(日)

 

 遅くとも約2500年前に中国で生まれた星座は、
 日本でも江戸時代終わりまで使用された。北斗七星
 や七夕の織女も古代中国の星座であり、キトラ古墳、
 高松塚古墳にも使用されている。歴史ある古代中国の
 星座と西洋の星座を比較しながら、星座の文化を紹介
 します。   

  
 

 

天文台であそぼう

「スカイシャトルをつくろう」

 
スカイシャトル  9月17日(日) 午後2時 − 午後3時00分

 割りばしに荷造り用のPPバンドで羽をつけ、ゴムを使って
 空へ打ち上げます。くるくる回りながら落ちてくるのを楽し
 みます。

    定員:先着20名
 

 

天体写真に挑戦!

「スマホで土星を写そう」

 
土星  9月6日(水)・7日(木)
 9月13日(水)・14日(木)
 9月20日(水)・21日(木)
 午後7時30分 − 午後9時30分

 お持ちいただいたスマ−トフォン等で
 大型望遠鏡等を通して土星を撮影します。
  
 雨天、曇天の場合は星座や天体のお話を行います。

 入館は午後9時までです。
 申込不要
 

 
 
 

星空観察会

「9月の星空観察会」

 
球状星団M15  毎週 水曜日から土曜日
 午後7時30分 − 午後9時30分

 1m反射望遠鏡などを使って、見ごろの天体や
 話題の天文現象を観察します。

    1日    月のクレーターを見よう
    2日    天文台まつり(スマホで月と土星を写そう)★
    6日・ 7日 スマホで土星を写そう★
    8日・ 9日 二重星めぐり
   13日・14日 スマホで土星を写そう★
   15日・16日 惑星状星雲めぐり
   20日・21日 スマホで土星を写そう★
   22日・23日 星団めぐり
   27日−30日 ガーネットスター
     (画像は球状星団M15です。)

 ★ご持参されたスマホで撮影します。    
 

 

星空の部屋

9月のテーマ 「 土星」

 
土星  土星の距離はどれくらいか、環はなにからできている
 か等を紹介し、最近話題になっている水を吹き出して
 いる奇妙な衛星、エンケラドスについて紹介します。