富山市科学博物館HOME > 富山市天文台トップ > 2018年1月のイベント


           2018年1月のイベント



1月4日(木)まで年末年始のため、休館いたします。
1月29日(月)−2月1日(木)は、展示入替等のため、
休館いたします。

イベント参加には入館料が必要です。
☆企画展示 ☆星空観察会 ☆星空の部屋


 

企画展示

「中国の星座と江戸時代の天文学」

展示期間: 1月28日(日)まで

 

 遅くとも約2500年前に中国で生まれた星座は、
 日本でも江戸時代終わりまで使用された。北
 斗七星や七夕の織女も古代中国の星座であ
 り、キトラ古墳、高松塚古墳にも使用されてい
 る。歴史ある古代中国の星座と西洋の星座を
 比較しながら、星座の文化を紹介します。

星空観察会

「1月の星空観察会」

 
オリオン大星雲  毎週 水曜日から土曜日
 午後7時30分 − 午後9時30分

 1m反射望遠鏡などを使って、見ごろの天体や
 話題の天文現象を観察します。

    5日・ 6日 不思議な星、ミラ
   10日−13日 オリオン大星雲
   17日−20日 冬の大三角
   24日−27日 月のクレーターを見よう
   
画像は オリオン大星雲(M42)です。   
   
 

 

星空の部屋

1月のテーマ 「冬の大三角とベテルギウス」

 
冬の大三角とオリオン座  明るい星が一番多い冬の夜空。冬の大三角と
 爆発するかもしれないというベテルギウスにつ
 いて紹介します。

 画像は冬の大三角です。