富山市科学博物館HOME > 富山市天文台トップ > 2018年2月のイベント


           2018年2月のイベント





2月1日(木)は、展示入替等のため
休館いたします。

☆企画展示 ☆サイエンスカフェ ☆星空観察会 ☆星空の部屋


  

企画展示

「ブラックホールと重力波」

展示期間: 2月3日(土)−5月27日(日)

 
ブラックホール  ブラックホールとはどのような天体か、
 宇宙のどこにあるかを紹介し、合体する時に
 生じる重力波を捉える東京大学宇宙線研究所
 の重力波望遠鏡KAGRAを紹介します。

 天文台で製作したKAGRAの模型、原理模型の他、
 富山や宇宙にブラックホールが現れた場合、
 どのように見えるかも紹介します。
 

サイエンスカフェ

「重力波で『聞く』宇宙の神秘」

開催日時: 2月25日(日) 14:00〜15:30

ブラックホール  2017年にはノーベル物理学賞が重力波検出実験に与
えられ、最近では中性子星の合体から重力波の検出が
発表されました。今ホットな重力波についての話題を、
コーヒーを飲みながら、重力波の音を実際に聞いたり、
日本の大型低温重力波検出器KAGRAについての話題も
交えて紹介します。

ゲスト:東京大学宇宙線研究所 重力波観測施設
     重力波研究グル−プ  宮川 治さん
 
 定員:24名/対象:中学生以上/申込締切:2月11日(日)

 ☆お申し込み方法☆
    1.住所/ 2. 氏名と年齢(または学年)
    3. 電話番号/ 4.返信用連絡先
    をご記入の上、往復はがきかFAXかE-Mail(長文の
    受け取れるのも)で、富山市天文台までお申し込み
    ください.
    科学博物館ホームページからもお申し込みいただけ
    ます。応募多数の場合は抽選といたします。  




 

星空観察会

「2月の星空観察会」

 
冬の大三角  毎週 水曜日から土曜日
 午後7時30分 − 午後9時30分

 1m反射望遠鏡などを使って、見ごろの天体や
 話題の天文現象を観察します。

    2日・3日 色々な色の星を見よう
    7日−10日 冬のダイヤモンド
   14日−17日 ごかくの星
   21日−24日 月のクレーターを見よう
   28日     月を見よう
 
   

星空の部屋

2月のテーマ 「 富山での星の呼び名」

 
だんごぼし   

  冬に見える明るい星々は、富山ではさまざまな
名前で呼ばれていました。たとえば、オリオン座の
みつぼしは「だんごぼし」、「たけつぎぼし」などです。
他の星では「しろぼし」、「そうだんぼし」、「へいけ
ぼし」などと呼ばれた星があります。
 

そのような、富山で呼ばれた星の名前を紹介します。

 写真はオリオン座と「だんごぼし」です。