富山市科学博物館HOME > 富山市天文台トップ > ギャラリー > メシエ天体(M1〜M60) > M1

M1 かに星雲 (超新星レムナント:おうし座)





1054年の超新星爆発の際に生じた星雲。現在も徐々に大きく広がっている。中心にある星は、中性子星からなるパルサー(電波源)である。
1054年に明るくなった記録は中国の「宋史天文志」に記載されている。日本では藤原定家の日記「明月記」に記録されているが、引用であり、定家自身が観察したわけではない。
NGC 1952。
撮影DATA
 2013年10月14日
 25cmRC + 直焦点 2000mm
 撮影地 富山市天文台



作成 2010-09-05
最終更新 2014-02-15