富山市科学博物館HOME > 富山市天文台トップ > ギャラリー > メシエ天体(M1〜M60) > M17

M17 オメガ星雲  (散光星雲:いて座)





いて座・たて座・へび座の尾の部分の3つの星座の境界にいる満月ほどの 大きさの散光星雲。星雲の中にループ状の構造が見えることから、 いろいろなものに見立て、「オメガ星雲」「白鳥星雲」などいろいろな呼び名を持つ。 オメガはルイス・スウィフトがギリシャ文字のオメガに似たスケッチを 書いたことに由来する。M17を構成するガスの質量は太陽の約800倍にも達している。
1746年にセジューが発見。
NGC 6618 大きさ 46'×37'  等級7.0等
撮影DATA
 2010年7月17日
 100cm + 直焦点 8000mm+ Nikon D700
 撮影地 富山市天文台



作成 2010-10-04
最終更新 2010-10-04