富山市科学博物館HOME > 富山市天文台トップ > ギャラリー > メシエ天体(M1〜M60) > M31

M31 アンドロメダ大銀河 (銀河:アンドロメダ座)





アンドロメダ座に位置する肉眼で確認可能な渦巻銀河。 かつてはアンドロメダ星雲、アンドロメダ大星雲などとも呼ばれていた。 M31の広がりは満月を5つ横に並べたほどもある。日本から見える銀河としては、最大のもの。
964年には既にアブド・アル・ラフマン・アル・スーフィーによって 「小さな雲」と記録されている。望遠鏡による観測は ドイツの天文学者シモン・マリウスが1612年に行ない 「角を溶かして輝くロウソクの光」のように見えたと記述したのが初めてとされる。 メシエは1764年に見ている。
NGC 224 大きさ 191'×62'   等級4.4等
撮影DATA
 2011年10月27日
 タカハシ 20cmMT + 直焦点 1200mm
 撮影地 富山市天文台



作成 2010-10-11
最終更新 2016-07-07