富山市科学博物館HOME > 富山市天文台トップ > ギャラリー > メシエ天体(M1〜M60) > M51

M51 (銀河:りょうけん座)





大小2つの銀河がつながっているため、子持ち銀河という名前がつけられた天体。
1773年にメシエが発見。しかしこの時メシエは伴銀河は発見していない。 伴銀河はピエール・メシャンが1781年に発見した。
NGC5194+NGC5195 大きさ 11×7'  等級9.0等 
撮影DATA
 1999年
 100cm + 直焦点 8000mm+ 冷却CCD
 撮影地 富山市天文台



作成 2010-10-18
最終更新 2010-10-18