富山市科学博物館HOME > 富山市天文台トップ > トップページバックナンバー > 2016年トップページバックナンバー


  2016年トップページバックナンバー




  星空の部屋の話題は「北斗七星と北極星」、「いんせき君のいんせきの話」
  星空の部屋の話題は「白萩隕石と流星刀物語」
  星空の部屋の話題は「星占いの星座たち」
  3月9日は日食です。
  昔、富山で呼ばれた星の名前を紹介します。
  冬の星座を解説します。





星空の部屋の話題は「北斗七星と北極星」、
「いんせき君のいんせきの話」です。

(2016年5月6日更新)

いんせきくん
 5月の星空の部屋の話題は「北斗七星と北極星」、
「いんせき君のいんせきの話」です。

土曜日(13:00から)、日曜日(10:00から)は
午後5時までは以下のスケジュールで解説します。

  毎時00分  いんせき君のいんせきの話(子供さん向け)
  毎時10分  春の星座解説と北斗七星と北極星
  毎時35分  大型望遠鏡の解説






星空の部屋の話題は「白萩隕石と流星刀物語」

(2016年4月1日更新)

流星刀と隕石
 5月5日までは星空の部屋の話題は「白萩隕石と流星刀物語」です。

 富山県上市町で2個の隕石が発見されています。
 発見された場所から白萩隕石と呼ばれています。
 明治時代にこの隕石から刀が造られました。
 その短刀を5月5日まで展示しています(左写真)。
 白萩隕石の発見事情やさまざまなエピソードを
 紹介します。






星空の部屋の話題は「星占いの星座たち」

(2016年3月9日更新)

星占いの星座
3月の星空の部屋の話題は「星占いの星座たち」です。

新聞やテレビでもおなじみの星占い。
星占いの星座は3月21日のおひつじ座からはじまります。
これはなぜでしょう。
その成り立ちや由来、星座の探し方について、紹介します。

ご来館いただいた時には適宜解説します。






3月9日は日食です

(2016年2月29日更新)

3月9日の日食
3月9日(水)に富山県内で約4年ぶりに日食が見られます。
今回は直径の約21%が欠けます。
富山市では午前10時13分27秒から欠け始め、
11時4分13秒に最大、
11時55分49秒に終了します。

富山市天文台では観測会を行いますので、
ぜひお越しください(雨天時は中止)。

企画展示は「3月9日の日食」です。
日食の観察方法について詳しく紹介しています。

なお、当日は雨天のため、観測会を中止しました。







昔、富山で呼ばれた星の名前を紹介します。

(2016年2月1日更新)

富山での星の呼び名
 

2月の星空の部屋のテーマは「富山での星の呼び名」です。
明治時代から昭和の中ごろまでに富山県内の各地で、
民間に伝えられた星の名前を故増田正之氏の調査結果
を基に紹介します。
「なるほど!」と思われる星の名前もありますので、
ご期待ください。

もちろん、冬の星座も紹介します。

企画展示は「3月9日の日食」です。
日食の観察方法について詳しく紹介しています。







冬の星座を解説します。

(2016年1月5日更新)

冬の大三角
 

 冬は明るい星(1等星)が7つも見える季節です。
この美しい冬の星座を「星空の部屋」で生解説をします。
解説は随時行いますので、気軽に天文台にお越しください。

写真は右にオリオン座が見えます。
オリオン座の赤い星(ベテルギウス)と左の星(プロキオン)、
下に見える明るい星(シリウス)をむすぶ逆三角形が、
冬の大三角です。

平成28年もよろしくお願いいたします。