富山市科学博物館 > プラネタリウム > これまでのプラネタリウム番組

これまでのプラネタリウム番組

 富山市科学博物館では、これまで様々な映像番組を投影してきました。その一部を紹介します。
HAYABUSA2~REBORN
小惑星リュウグウのカケラを持ち帰るため、再び広大な宇宙空間へ飛び立ったはやぶさ2。 2年半、32億キロの距離を進み続けた孤独な旅路の末、待ち受けていたのは、想定外のリュウグウの姿だった。あらゆる場所が岩で覆われ、タッチダウンに最適な、平らな場所が存在しなかったのだ。「君を”また”失ってしまうかもしれない」小惑星イトカワでの悪夢が去来する。はやぶさ2はどのように困難を乗り越え、数々のミッションを成功させていったのか。そして彼がリュウグウで見つけたものとは・・・

投影時間 約45分間(星座解説を含みます)
投影期間 終了しました(令和2年7月16日から1年間)
プラネタリウム ちびまる子ちゃん
それでも地球はまわっている
101100_04.jpg
「地球は回っている?それに気づいたのはだれ?」ふと疑問に感じたまる子。昔の人は太陽も星も地球を中心に動くと信じていたけど、コペルニクスやガリレオといった人たちが本当は地球の方が太陽のまわりを回っていると発見したらしい。もっと地球や宇宙の事を知りたいと思ったまる子たちは科学館へ遊びにいくことに。そこで目にした古代の人たちが考えた不思議な宇宙のすがたとは…!?

投影時間 約45分間(星座解説を含みます)
投影期間 終了しました(令和2年3月1日から1年間)
星の旅 -世界編-
北半球から始まる旅。だんだん南半球に行くに従って風景とともに星空も変わっていきます。やがて日本(北半球中緯度地域)からは見えない南十字や南半球ならではの星空が見えてきます。 観察緯度によって星空が変わるのはなぜか、天の川の正体は何かなどをCGパートでわかりやすく解説。北米、ハワイ、オーストラリア、ウユニ、ニュージーランド。KAGAYAが3年かけて世界各地で撮影してきた星空映像満載の番組です。

投影時間 約45分間(星座解説を含みます)
投影期間 終了しました (令和元年10月1日から1年間)
ポラリス
 
「ポラリス」ポスター
 北極の氷の上で出会った、シロクマのレナードとペンギンのジェームズ。
「どうして北極や南極は半年もの長い夜が続くの?」二人は答えを探すため、捨てられていた潜水艦を宇宙船に改造して地球を飛び立ちます。
 そこに待ち受けていたのは、宇宙の絶景と絶体絶命の大ピンチ!?ゆるい系のレナードとマジメなジェームズの正反対な二人が繰り広げる、ミッションインポッシブルな宇宙大作戦。これは、絶対に見逃せません!

投影時間 約45分間(星座解説を含みます)
投影期間 終了しました(平成29年9月30日~平成30年9月30日)
HAYABUSA2 -RETURN TO THE UNIVERSE-
「HAYABUSA2」ポスター

 はやぶさ2の「リュウグウ」到着を記念して、リバイバル投影を行います!

 「はやぶさの姿に、想いを重ねた沢山の人たちがいた。」
 2014年12月3日、はやぶさ2はロケットの力を借りて、宇宙に旅立ちました。再び彼の新しい旅が始まったのです。より大きな推力を持つイオンエンジン、沢山のデータを送信出来るKaバンドアンテナ、小惑星表面を探査する3機のミネルバ2とMASCOT、そして人工的にクレーターを作るインパクタ装置。はやぶさ2の機体を紹介しながら、ミッションの詳細に迫ります。

投影時間 約45分間(星座解説を含みます)
投影期間 終了しました(平成30年7月12日~平成30年8月12日など)
ミュージアム・アライブ
~よみがえる恐竜たち~
「ミュージアム・アライブ」ポスター
 ロンドン自然史博物館で太古の生き物たちがよみがえる。博士と一緒に不思議な夜のミュージアムを体験しよう。

投影時間 約45分間(星座解説を含みます)
投影期間 終了しました(平成29年7月12日~平成30年7月8日)
ドラえもん 宇宙ふしぎ大探検2
~太陽系のひみつ~
「ドラえもん」ポスター
 私達の住む地球や太陽系は、いつ、どうやって誕生したのでしょう?
 彗星や隕石は、どこからやってくるのでしょうか?
 ドラえもんといっしょに太陽系のひみつを解き明かそう!

投影時間 約45分間(星座解説を含みます)
投影期間 終了しました(平成29年3月1日~平成30年2月28日)
PAGETOP