印刷用のページ

平成27年10月のイベント案内

このページは 終了したイベント ないし 古いご案内 を表示しています。
背景またはこのテキストをクリックするとページを閲覧できます。
富山市科学博物館
電話:076-491-2123 FAX:076-421-5950
科学の質問専用ダイヤル:076-491-2125
〒939-8084 富山市西中野町一丁目8-31
http://www.tsm.toyama.toyama.jp/
開館時間 午前9時~午後5時
入館料 大人520円
小人(小中学生)210円
 (土日祝日は小中高生無料)
幼児無料
富山市天文台(富山市科学博物館附属施設)
電話:076-434-9098 FAX:076-434-9228
〒930-0155 富山市三熊49-4
http://www.tsm.toyama.toyama.jp/tao/
開館時間 日~火曜日 午前10時~午後5時30分
水~土曜日 午後1時~午後9時30分
入館料 大人210円
小人(小中学生)100円
 (土日祝日は小中高生無料)
幼児無料

今月のお知らせ

今月の休館日
富山市科学博物館 10月は休まず開館します。
富山市天文台 10月は休まず開館します。

今月のイベント 目次

分類 日付 イベント名









▼来館者対象のイベント▼
プラネタリウム 10月 10月の一般投影プログラム
10/17 イブニングプラネタリウム「北極星をさがせ!」
企画展示 9/19-10/4 第36回SSP展「自然を楽しむ科学の眼2015-2016」
10/15-10/19 第74回「富山県科学展覧会」
10/24-11/15 収蔵品展「とやま恐竜化石展」
展示室での
もよおし
毎週土日・祝日 サイエンスライブ
▼申込の必要なイベント▼
要申込 10/31(10/24締切) 学芸員と歩く富山の自然「アキグミ実る常願寺川」







▼来館者対象のイベント▼
星空観測会 毎週水~土曜日 定期夜間観測会
企画展示 10/1-1/31 企画展示「宇宙の始まりとダークマター」
天文台のもよおし 随時 10月の星空の部屋「動く星・動かない星」
10/11 星座見つけカードを作ろう「秋の四辺形とカシオペヤ座」
10/21・22 天体写真に挑戦!「デジカメで月を写そう」
10/25 天文台であそぼう「お月さまカレンダー(11-1月)」
▼申込の必要なイベント▼
要申込 9/20, 10/4, 10/18(9/9締切) 親子でわくわく☆工作室「大きな月球儀を作ろう」

富山市科学博物館

プラネタリウム
◆10月の一般投影プログラム
開始時刻 月・金
9日(金)までの火~木
13日(火)以降の火~木 土日祝
10:00 おじゃる丸 銀河がマロを呼んでいる 学習投影 HAYABUSA2 -RETURN TO THE UNIVERSE-
11:15 オーロラを見た恐竜たち 学習投影 おじゃる丸 銀河がマロを呼んでいる
12:30 - - オーロラを見た恐竜たち
13:30 HAYABUSA2 -RETURN TO THE UNIVERSE- HAYABUSA2 -RETURN TO THE UNIVERSE- HAYABUSA2 -RETURN TO THE UNIVERSE-
14:30 - - おじゃる丸 銀河がマロを呼んでいる
15:45 オーロラを見た恐竜たち オーロラを見た恐竜たち オーロラを見た恐竜たち
  • 一般投影は前半10分間ほど季節の星座を紹介し、そのあと番組を投影します。
  • プラネタリウム観覧には、入館料が必要です。(入館料には投影1回分の料金が含まれております)
  • 投影を2回以上ご覧になられる場合は、追加1回につき大人210円・小人100円の料金が必要です。
  • 各回とも定員がありますので、観覧のご希望に添えない場合もございます。ご了承ください。
  •  
    100551_09.jpg HAYABUSA2 -RETURN TO THE UNIVERSE-
    「はやぶさの姿に、想いを重ねた沢山の人たちがいた。」
     はやぶさを引き継ぐはやぶさ2ミッションは、幾度となく先送りされ、一時は実現不可能なところまで追い詰められていました。しかし、はやぶさ2を応援する多くの人の声が日本中から集まり、ミッションは、実現に向けて大きく動き出します。より大きな推力を持つイオンエンジン、沢山のデータを送信出来るKaバンドアンテナ、小惑星表面を探査する3機のミネルバ2とMASCOT、そして人工的にクレーターを作るインパクタ装置。はやぶさ2の機体を紹介しながら、ミッションの詳細に迫ります。そして2014年12月3日、はやぶさ2はロケットの力を借りて、宇宙に旅立ちました。再び彼の新しい旅が始まったのです。

    投影時間は約40分間です。(星座解説を含みます)
    100551_09.jpg おじゃる丸プラネタリウムスペシャル
    銀河がマロを呼んでいる~ふたりのねがい星~
    おじゃる丸とカズマが銀河鉄道に乗って「ねがい」をかなえる旅に出る、ファンタスティックな物語。いつもの「のんびり・まったり」の世界観をはなれて、ハラハラ・ドキドキさせられつつも、感動の結末が!小さい子どもから大人まで家族そろって楽しめる、見ごたえたっぷりのプラネタリウムスペシャルです。



    投影時間は約40分間です。(星座解説を含みます)
    100744_10.jpg オーロラを見た恐竜たち
    - Dinosaurs under Auroras -
    ~アラスカの大地、繰り広げられる命のつながり~

    今から7000万年前のアラスカ。冬には太陽が昇らないこの厳しい大地を生きた恐竜たちがいました。彼らは極寒の地でお互いに助け合いながら暮らし、その夜空にはオーロラが輝いていたことでしょう。 ある日、パキリノサウルスのリンが生まれました。心やさしい草食恐竜のリンを狙う肉食恐竜たちやリンを守る旅の仲間たち。さあ大冒険の始まりです。 現在調査が進む極圏の恐竜の最新成果を紹介しながら、オーロラの仕組みや、人工衛星などの天文トピックを解説します。

    投影時間は約40分間です。(星座解説を含みます)
    ◆イブニングプラネタリウム「北極星をさがせ!」
    内 容:いろいろな時刻や場所で見た北極星をプラネタリウムで再現し、北極星の探し方を練習します。
  • と き:10月17日(土) 18:00-18:40 ※当日は19:00まで開館時間を延長しています。ただし、入館は18:00まで。
  • ところ:当館プラネタリウム
  • 対 象:一般
  • 定 員:242人(先着)
  • その他:入館料必要、申込不要
  • 主 催:富山市科学博物館
  • 企画展示
    ◆第36回SSP展「自然を楽しむ科学の眼2015-2016」
    内 容:日本自然科学写真協会の会員が自然を科学の眼で撮影した心に響く写真を展示します。
    • と き:9月19日(土)~10月4日(日)
    • ところ:当館2階 特別展示室
    • その他:入館料必要。申込不要。
    • 主催:日本自然科学写真協会、富山市科学博物館
    ◆第74回「富山県科学展覧会」
    内 容:県内の児童・生徒の科学研究の優秀作品を展示します。
    • と き:10月15日(木)〜19日(月)9:00-16:00 (最終日の10月19日は12:00まで)
    • ところ:当館2階 特別展示室
    • その他:この展示のみの観覧の場合は無料(他の展示を見られる場合は入館料別途必要)。申込不要。
    • 主催:(公社) 富山県教育会、富山県理科教育振興会、富山市科学博物館
    ◆収蔵品展「とやま恐竜化石展」
    内 容:富山県内から産出した恐竜化石や植物化石を展示します。
    • と き:10月24日(土)〜11月15日(日)
    • ところ:当館2階 特別展示室
    • その他:入館料必要、申込不要
    • 主 催:富山市科学博物館
    展示室でのもよおし
    解説!クジラのはなし
    ◆サイエンスライブ
    内 容:
    3日(土)・4日(日) 解説!クジラのはなし
    10日(土)・11日(日) 観察!どんぐりいろいろ
    12日(月・祝) 観察!石材から化石を見つけよう
    17日(土)・18日(日) 分解!ボンボン時計のしくみ
    24日(土)・25日(日) 実験!身近な材料で楽しむ化学実験
    31日(土) 工作!鉱物のカタチ
    • と き:10:45-、13:00-、15:15-(各回15分ほど)
    • ところ:館内各所
    • 対 象:入館者
    • その他:入館料必要、申込不要。都合により内容を変更する場合があります。
    申込の必要なイベント
    学芸員と歩く富山の自然「アキグミ実る常願寺川」
    内 容:晩秋の昼下がり、秋の川原に実ったアキグミつみを楽しみましょう。
    • と き:10月31日(土) 13:00-15:00
    • ところ:立山町岩峅野地内の常願寺川河川敷(大川寺駅集合)
    • 対 象:3才~一般(小学生以下は保護者同伴)
    • 定 員:なし
    • その他:小雨決行、無料、要申込(10/24必着)。
    • 申込み:イベントの申込方法」をご覧ください。
    • 主 催:富山市科学博物館
    ●イベントの申込方法 (科学博物館のイベント)●

    下記のいずれかの方法でお申し込み下さい。

    方法 往復ハガキ FAX ウェブページ
    宛先 郵便:〒939-8084
    富山市西中野町一丁目8-31
    富山市科学博物館
    FAX:076-421-5950 オンライン申込みページ
    記入事項
    1. イベント名と開催日
    2. 参加者全員の氏名と学年または年齢
    3. 郵便番号と住所
    4. 電話番号
    5. その他事項(各イベントで必要な場合のみ)
    6. 科学博物館から返信する際の住所、FAX番号またはメールアドレス
      ※ FAXの場合は必ず返信用のFAX番号を記入してください

    富山市天文台

    お問い合わせは、富山市天文台へ(電話 076-434-9098)

    お知らせ

    ★古洞の森との無料送迎バスを運行しています
    とやま古洞の森~天文台間の無料送迎バスを運行しています。
    • 運行日:毎週水~土曜日(休館日をのぞく)
    • 運行時刻:古洞の森発19:20、20:30 天文台発20:20、21:20
    • 運行期間:4月29日(水)〜10月31日(土)
    ★レンタルサイクルを貸出しています
    無料レンタルサイクルの貸出を行っています。
    • 貸出場所:とやま古洞の森ふれあいセンター
    • 利用時刻:午前10時~午後5時(貸出は午後4時まで)
    • 対象:中学生以上
    • 貸出期間:4月29日(水)〜11月3日(火)
    星空観測会(天文台)
    ★10月の定期夜間観測会
    1日(木)~3日(土) ガーネットスター
    7日(水)~10日(土) 海王星を見よう
    14日(水)〜17日(土) カシオペヤ座と北極星
    21日(水)・22日(木) デジカメで月を写そう*1
    23日(金)・24日(土) 月のクレーターを見よう
    28日(水)~31日(土) 秋の星座のスペクタクル
    • と き:19:30~21:30
    • ところ:天文台
    • その他:入館料必要、申込不要。雨天曇天の場合は解説のみ行います。
      *1 コンパクトデジタルカメラをお持ちになれば、撮影ができます。詳しくは下記「天体写真に挑戦!」をご覧ください。
    企画展示(天文台)
    ★企画展示「宇宙の始まりとダークマター」
    内 容:宇宙の始まりはいつ、どのようなことが起こったのか、現在の宇宙ができるまでにどのようなできごとがあったのかを紹介します。さらに、宇宙の始まりの際につくられたと考えられているダークマターについて、東京大学宇宙線研究所の研究を中心に紹介します。
    • と き:10月1日(木)〜1月31日(日)
    • ところ:天文台
    • 対 象:入館者
    • その他:入館料必要、申込不要。
    天文台のもよおし
    ★10月の星空の部屋「動く星・動かない星」
    内 容:ミニプラネタリウムで、星座や神話などを紹介しています。10月は、カシオペヤ座や北斗七星などの動く星と、北極星のような動かない星についてお話しします。
    • と き:10月1日(木)〜31日(土)随時(日中と、晴天時ではない夜間)
    • ところ:天文台
    • 対 象:入館者
    • その他:入館料のみ必要。申込不要。
    ★星座見つけカードを作ろう「秋の四辺形とカシオペヤ座」
    内 容:秋の四辺形とカシオペヤ座を手軽に見つけられるカードを作り、ミニプラネタリウムで使い方を練習します。
    • と き:10月11日(日)14:00-14:30
    • ところ:天文台
    • 対 象:小学3年生以上
    • 定 員:先着20名
    • その他:入館料のみ必要。申込不要。
    ★天体写真に挑戦!「デジカメで月を写そう」
    内 容:お持ちいただいたコンパクトデジカメで、小望遠鏡を通して月を撮影します。
    • と き:10月21日(水)・22日(木)19:30-21:30
    • ところ:天文台
    • 対 象:入館者
    • 定 員:なし
    • その他:入館料のみ必要。申込不要。雨天曇天の場合は撮影ができないので、星座や天体の解説を行います。
    ★天文台であそぼう「お月さまカレンダー(11-1月)」
    内 容:満月の日や半月の日が分かる、3ヶ月分のぬり絵入りカレンダーを作ります。
    • と き:10月25日(日)14:00-14:30
    • ところ:天文台
    • 対 象:入館者
    • 定 員:先着20名
    • その他:入館料のみ必要。申込不要。
    申込の必要なイベント(天文台)
    ★親子でわくわく☆工作室「大きな月球儀を作ろう」
    内 容:全3回の活動を通じて、大きな月球儀を作ります。
    • と き:9月20日(日) 、10月4日(日)、10月18日(日) いずれも 10:30-11:30
    • ところ:天文台
    • 対 象:小学生以上の親子(3回の活動すべてに参加できる方)
    • 定 員:10組(抽選)
    • その他:入館料必要。要申込(9/9必着)。
    ●イベントの申込方法●

    下記のいずれかの方法でお申し込み下さい。

    方法 往復ハガキ FAX E-Mail ホームページ
    申込み先 〒930-0155
    富山市三熊49-4
    富山市天文台
    FAX: 076-434-9228 tao [at] tsm.toyama.toyama.jp オンライン申込みページ
    記入事項
    1. 住所
    2. 参加者全員の氏名と学年または年齢
    3. 電話番号
    4. 行事名および開催日・時間
    5. 天文台から返信する際の住所、FAX番号またはメールアドレス
      ※FAXの場合は必ず返信用のFAX番号を記入してください