印刷用のページ

平成28年3月のイベント案内

このページは 終了したイベント ないし 古いご案内 を表示しています。
背景またはこのテキストをクリックするとページを閲覧できます。
プラネタリウム
◆3月の一般投影プログラム
開始時刻 平日 土日祝
10:00 HAYABUSA2
-RETURN TO THE UNIVERSE-
HAYABUSA2
-RETURN TO THE UNIVERSE-
11:15 ポケットモンスター XY 宇宙そら破片はへん ポケットモンスター XY 宇宙そら破片はへん
12:30 - オーロラを見た恐竜たち
13:30 ポケットモンスター XY 宇宙そら破片はへん HAYABUSA2
-RETURN TO THE UNIVERSE-
14:30 - ポケットモンスター XY 宇宙そら破片はへん
15:45 オーロラを見た恐竜たち オーロラを見た恐竜たち
  • 一般投影は前半10分間ほど季節の星座を紹介し、そのあと番組を投影します。
  • プラネタリウム観覧には、入館料が必要です。(入館料には投影1回分の料金が含まれております)
  • 投影を2回以上ご覧になられる場合は、追加1回につき大人210円・小人100円の料金が必要です。
  • 各回とも定員がありますので、観覧のご希望に添えない場合もございます。ご了承ください。
  • 3/5(土)15:45-3/13(日)13:30-3/21(月・休)12:30-、13:30-、15:45-の回はスペシャルプラネタリウム(下記)を行います。
  • 都合により内容を変更する場合があります。
  •  
    ポケモン ポケットモンスター XY
    宇宙そら破片はへん
    PAXA に訪れたサトシたち。ここは宇宙の研究・開発を行う機関として、日々さまざまな活動を行っている。PAXA に所属する宇宙飛行士のおねえさんから、“宇宙のゴミ”と呼よばれる「スペースデブリ」の問題によって、とても危険な状況にあるという話を聞いていると、突然サイレンが鳴り響いた! ロケット団が悪だくみをし、この施設内に潜入したようだ!そんな中、人工衛星をコントロールするシステムにトラブルが発生!このままでは、人工衛星と巨大なデブリがぶつかって、さらにスペースデブリが増えてしまう恐れが…

    この星・・・いや、宇宙の大ピンチにサトシ達が取った行動は…!?

    投影時間は約40分間です。(星座解説を含みます)
    HAYABUSA2 HAYABUSA2
    -RETURN TO THE UNIVERSE-
    「はやぶさの姿に、想いを重ねた沢山の人たちがいた。」
    はやぶさを引き継ぐはやぶさ2ミッションは、幾度となく先送りされ、一時は実現不可能なところまで追い詰められていました。しかし、はやぶさ2を応援する多くの人の声が日本中から集まり、ミッションは、実現に向けて大きく動き出します。より大きな推力を持つイオンエンジン、沢山のデータを送信出来るKaバンドアンテナ、小惑星表面を探査する3機のミネルバ2とMASCOT、そして人工的にクレーターを作るインパクタ装置。はやぶさ2の機体を紹介しながら、ミッションの詳細に迫ります。そして2014年12月3日、はやぶさ2はロケットの力を借りて、宇宙に旅立ちました。再び彼の新しい旅が始まったのです。

    投影時間は約40分間です。(星座解説を含みます)
    オーロラを見た恐竜たち オーロラを見た恐竜たち
    - Dinosaurs under Auroras -
    ~アラスカの大地、繰り広げられる命のつながり~

    今から7000万年前のアラスカ。冬には太陽が昇らないこの厳しい大地を生きた恐竜たちがいました。彼らは極寒の地でお互いに助け合いながら暮らし、その夜空にはオーロラが輝いていたことでしょう。 ある日、パキリノサウルスのリンが生まれました。心やさしい草食恐竜のリンを狙う肉食恐竜たちやリンを守る旅の仲間たち。さあ大冒険の始まりです。 現在調査が進む極圏の恐竜の最新成果を紹介しながら、オーロラの仕組みや、人工衛星などの天文トピックを解説します。

    投影時間は約40分間です。(星座解説を含みます)
    ◆スペシャルプラネタリウム「日食」
    スペシャルプラネタリウム「日食」
    内 容:3月9日に起こる日食について解説します。
  • と き:3月5日(土) 15:45-16:30
  • ところ:当館プラネタリウム
  • 対 象:一般
  • 定 員:242人(先着)
  • その他:入館料必要、申込不要。この時間帯の一般投影番組は休止します。
  • 主 催:富山市科学博物館
    とやまサイエンストピックス「3月9日の部分日食」もみてね。
  • ◆スペシャルプラネタリウム「ライブ解説でめぐる春の星座」
    スペシャルプラネタリウム「ライブ解説でめぐる春の星座」
    内 容:学芸員による生解説で、春の星座をめぐります。
  • と き:3月13日(日) 13:30-14:15
  • ところ:当館プラネタリウム
  • 対 象:一般
  • 定 員:242人(先着)
  • その他:入館料必要、申込不要。この時間帯の一般投影番組は休止します。
  • 主 催:富山市科学博物館
  • ◆イブニングプラネタリウム「音楽とたどる春の星空」
    イブニングプラネタリウム「音楽とたどる春の星空」
    内 容:素敵な音楽とともに、これから見られる春の星空について学芸員が生解説で紹介します。
  • と き:3月19日(土) 18:00-18:40 ※博物館は19:00まで夜間開館します。入館は18:00まで。
  • ところ:当館プラネタリウム
  • 対 象:一般
  • 定 員:242人(先着)
  • その他:入館料必要、申込不要
  • 主 催:富山市科学博物館
  • ◆スペシャルプラネタリウム「星のお兄さんの爆笑プラネタリウム」
    スペシャルプラネタリウム「星のお兄さんの爆笑プラネタリウム」
    内 容:「星のお兄さん」こと田端英樹さんによる、大爆笑まちがいなしの楽しいプラネタリウムショーです。
  • と き:3月21日(月・休) 13:00-14:00、15:45-16:45
  • ところ:当館プラネタリウム
  • 対 象:一般
  • 定 員:242人(先着)
  • その他:入館料必要、申込不要。この日の12:30、13:30、15:45からの一般投影番組は休止します。
  • 主 催:富山市科学博物館
  • 企画展示
    ◆林明輝写真展「空飛ぶ写真機 〜ドローンで見た日本の絶景〜」
    内 容:ドローン(マルチコプター)を使って、鳥や昆虫の目線で撮影した日本の絶景を展示します。
    • と き:3月15日(火)〜4月24日(日)
    • ところ:当館 特別展示室
    • その他:入館料必要、申込不要
    • 主 催:富山市科学博物館
    ◆ロビー展「梶田隆章さんノーベル物理学賞受賞記念 受賞研究紹介展」
    ロビー展示の様子
    内 容:2015年のノーベル物理学賞を受賞した梶田隆章さんの研究とスーパーカミオカンデについてわかりやすく紹介します。
    • と き:平成27年11月6日(金)〜5月10日(火) ※期間延長しました
    • ところ:当館1階 ロビー
    • その他:入館料必要、申込不要
    • 主 催:富山市科学博物館
    展示室でのもよおし
    実験!光で回る輪ゴムの車輪 !?
    ◆サイエンスライブ
    内 容:
    5日(土)・6日(日) 体験!化石にタッチ
    12日(土) 解説!偏光のはなし
    13日(日) 解説!クジラのはなし
    19日(土) 解説!雪の上のムシ
    20日(日) 実験!光で回る輪ゴムの車輪 !?
    21日(月・休) 解説!雪の上のムシ
    26日(土) 観察!身の回りの砂
    • と き:10:45-、13:00-、15:15-(各回15分ほど)
    • ところ:館内各所
    • 対 象:入館者
    • その他:入館料必要、申込不要。都合により内容を変更する場合があります。
    実験ショー「君は知っている? 鉄のこと」
    内 容:鉄の原材料は?鉄はどのようにして作られるのか?など、製鉄の過程や鉄の性質などについて、実験を交え分かりやすく紹介します。
    • と き:3月27日(日) 13:00-13:30
    • ところ:館内ロビー
    • 対 象:入館者
    • その他:入館料必要、申込不要。当日のサイエンスライブはありません。
    当日参加自由のイベント
    平成27年度富山市科学博物館研究発表会「学芸員の研究を聞きにきませんか!」
    内 容:学芸員による調査研究の成果や博物館ボランティアによる活動を発表します。
    • と き:3月12日(土) 13:30-14:50
    • ところ:当館 多目的学習室
    • 対 象:一般
    • その他:無料、申込不要
    • 主 催:富山市科学博物館
    報告会&説明会「みんなで調べた富山市の自然2015」
    内 容:「富山市の身近な自然調査2015」で行った、ホタルやスズメ、ヒガンバナの咲いた日の調査などから明らかになった富山市の自然の現状について報告します。また来年度の調査についての説明会を行います。
    • と き:3月12日(土) 15:00-16:30
    • ところ:当館 多目的学習室
    • 対 象:一般
    • その他:無料、申込不要
    • 主 催:富山市科学博物館
    申込の必要なイベント
    科学教室「ピカピカ泥だんごをつくろう」
    内 容:表面がつるつるに光る泥だんごを作ります。
    • と き:3月20日(日) 9:30-11:30
    • ところ:当館1階 科学教室
    • 対 象:小学生~一般(小学生は保護者同伴)
    • 定 員:15人(抽選)
    • その他:無料、要申込(3/12必着)
    • 申込み:「イベントの申込方法」をご覧ください。
    • 主 催:富山市科学博物館
    学芸員と歩く富山の自然「早春の頼成山」
    内 容:早春の植物の芽吹き、野鳥などを探し、春の訪れを感じに行く。
    • と き:3月20日(日)10:00-14:30
    • ところ:県民公園頼成の森(砺波市頼成)
    • 対 象:小学生~一般(小学生は保護者同伴)
    • 定 員:なし
    • その他:小雨決行、無料、要申込(3/13必着)
    • 申込み:「イベントの申込方法」をご覧ください。
    • 主 催:富山市科学博物館
    科学教室「エッチングでステンレス鋼板に絵を描こう」
    内 容:鉄の酸化を利用して、鏡のように研磨したステンレス鋼板に絵を描きます。
    • と き:3月27日(日) 10:00-11:00
    • ところ:当館 科学教室
    • 対 象:小学生以上(小学1~2年生は保護者同伴)
    • 定 員:15人(抽選)
    • その他:無料、要申込(3/20必着)
    • 申込み:「イベントの申込方法」をご覧ください。
    • 主 催:一般社団法人日本鉄鋼連盟、公益社団法人日本科学技術振興財団・科学技術館
    • 共 催:富山市科学博物館
    ●イベントの申込方法 (科学博物館のイベント)●

    下記のいずれかの方法でお申し込み下さい。

    方法 往復ハガキ FAX ウェブページ
    宛先 郵便:〒939-8084
    富山市西中野町一丁目8-31
    富山市科学博物館
    FAX:076-421-5950 オンライン申込みページ
    記入事項
    1. イベント名と開催日
    2. 参加者全員の氏名と学年または年齢
    3. 郵便番号と住所
    4. 電話番号
    5. その他事項(各イベントで必要な場合のみ)
    6. 科学博物館から返信する際の住所、FAX番号またはメールアドレス
      ※ FAXの場合は必ず返信用のFAX番号を記入してください

    富山市天文台の3月イベントは 天文台イベント情報 をご覧ください。