富山市科学博物館 > 展示 > 体験展示 振り子のサンドアート

体験展示 振り子のサンドアート

2020年8月1日に、常設展示として1階ロビーに体験展示「振り子のサンドアート」を新設しました。

Y 字形に吊るしたワイヤーの先に、黄色いカップ状の振り子がついています。その中に砂を入れて揺らすと、カップの底から盤面上に落ちる砂が美しい模様を描きます。

装置の全体写真 階段踊り場から
<振り子のサンドアート:階段の踊り場から眺めた様子>

振り子の長さは国内最大の6m! 振り子は階段の吹き抜けに設置されています。振り子で模様を描く展示としては、振り子の長さは国内最大の6m!
カップを台におき、砂を入れます 振り子のカップを台に乗せて、砂を入れます。
揺らして、綺麗な模様 カップを台から離すと、振り子がゆれて、砂がきれいな模様をえがきます。
掃除棒を使って、きれいに砂をそうじ 掃除棒を使って、描いた砂はきれいに掃除しよう。

展示

PAGETOP