富山市科学博物館 > イベント > 特別企画「東日本大震災関連番組 星よりも、遠くへ」

特別企画「東日本大震災関連番組 星よりも、遠くへ」

仙台市天文台が制作した東日本大震災の日の星空と被災者とのつながりを描いたプラネタリウム版ドキュメンタリー番組を投影します。本作品は、同天文台が2012年に制作した「星空とともに」に続く第2章となる作品で、震災から時が過ぎ、被災地の状況や被災者の当時の気持から現在までの変化などが紹介されています。

とき 2021年3月6日、7日 両日16:00~16:45
場所 プラネタリウム室
対象 一般
定員 140人(先着)
その他 観覧料必要。なお本投影ではプラネタリウムの追加料金は不要です。申込不要。開催時間帯の一般投影(6日:HAYABUSA2REBORN、7日:学芸員と星空さんぽ)はありません。
PAGETOP