富山市科学博物館 > イベント > 過去のイベント > スペシャルプラネタリウム「キラキラくるくる放散虫プラネタリウム」

スペシャルプラネタリウム「キラキラくるくる放散虫プラネタリウム」

美しい構造をもつ海のプランクトン「放散虫」をプラネタリウムいっぱいに投映しその形を楽しみます。また放散虫を研究している新潟大学教授の松岡篤さんをお招きし、お話を聞きます。

とき 9月6日(日)15:45~17:00
場所 プラネタリウム室
対象 小学生以上(小学生は保護者同伴)
定員 50人(事前申込み・先着順)
その他 入館料必要、申込必要。8月12日(水)9時より当館ホームページと窓口にて申込み受付開始。満席になり次第終了。

申し込み方法

放散虫プラネタリウムポスター
定員に達したので申込みを締め切りました。

イベント詳細

当日の内容

放散虫研究者である松岡篤さんから放散虫の多様な形の魅力や研究についてお話していただきます。また、最新の装置で得られた放散虫の3D映像をプラネタリウムドーム全体に映し出し、多様な形態の謎に迫ります。
写真提供:新潟大学 松岡 篤
3Dデータ提供:摂南大学理工学部機械工学科 岸本直子

講師紹介

講師:まつおか あつしさん
放散虫研究者。新潟大学教授。子どものころから化石や鉱物に興味を持ち、アンモナイトの研究者を目指して大学に入学。大学在学中から放散虫の研究を進め、2014~2017年には国際放散虫研究者協会(InterRad)会長をつとめる。放散虫の研究とともに、広くは知られていない放散虫の魅力を伝える普及活動にも取り組む。2019年には絵本『ほうさんちゅう』を監修。

開催後記

放散虫の専門家である松岡篤さんから放散虫についての分かりやすいお話をうかがった後、3Dモデルを用いた全天周映像による解説をしていただきました。3Dデータで放散虫をプラネタリウムに映し出すのは世界初の試み。参加者とともに放散虫の中に入る場面は特に大迫力でした。臨場感のある3Dデータのリアルタイム描写に専門家の生解説が加わり、客席からは何度も歓声があがっていました。

関連情報

関連行事

関連コンテンツ

PAGETOP