富山市科学博物館 > イベント > スペシャルプラネタリウム「かたちぷらぷら プランクトン×プラネタリウム~生き物の形から宇宙に挑め!~」

スペシャルプラネタリウム「かたちぷらぷら プランクトン×プラネタリウム~生き物の形から宇宙に挑め!~」

プラネタリウムに投影した小さな生き物の3Dモデルを見ながら、その形を参考に未来の宇宙船や人工衛星の形を考えている研究者からお話を聞きます。(講師:摂南大学 理工学部 機械工学科 教授 岸本直子)

とき 2021年11月7日(日) 16:00~17:30
場所 プラネタリウム室
対象 小学生以上(小学生は保護者同伴;未就学児は同伴も不可)
定員 140人(先着)
その他 観覧料必要、申込必要。8月12日(木)9:00から申込受付開始。

申し込み方法

ウェブフォームにて申込受付しています(再開館後には窓口でも受付けます)。必要事項を記入してお申し込みください。
※ 本イベントの申し込みは先着制です。抽選ではありませんのでご注意ください。
※ 未就学児同伴での参加はできません。
※ 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今後の状況により定員を変更する可能性があります。定員が減った場合はお申込みの早い方を優先させていただきます。ご了承ください。
※ ご来館の際は新型コロナウイルスに関連したご利用上のお願いをご確認ください。
皆さまのご参加をお待ちしております。

講師紹介

講師:きしもと なおさん
摂南大学教授。生物の形から未来の宇宙構造物のヒントをさがす宇宙工学者。考古学から宇宙工学に転向した異色の経歴を持つ。JAXAなどを経て現職。

関連情報

2020年9月に開催したスペシャルプラネタリウム「キラキラくるくる放散虫プラネタリウム」でも講師の岸本さんに3Dデータを提供していただきました。今回は、放散虫だけでなく、有孔虫や珪藻などの3Dデータもプラネタリウムに映し出す予定です。

おすすめの関連行事

プラネタリウムに登場予定の有孔虫は以下の行事の中でも紹介します。

本活動費用の一部は、一般財団法人乃村文化財団の助成金によるものです。

イベント

PAGETOP