富山市科学博物館 > 館の活動 > 出版物 > とやまサイエンストピックス > No.520 砂浜の貝殻はどこからやってくる?

No.520 砂浜の貝殻はどこからやってくる?

砂浜(すなはま)足元(あしもと)()()けると、いろいろな貝殻(かいがら)()(あが)っていることに()()きます。(とく)(うみ)()れた(あと)には(はま)(たか)位置(いち)貝殻(かいがら)帯状(おびじょう)(あつ)まっていることがあります。この貝殻(かいがら)はいったいどこからやってきたのでしょう。
富山(とやま)砂浜(すなはま)一番(いちばん)(おお)()つかるのはヒメカノコアサリという 1 cm (じゃく)二枚貝(にまいがい)です。(ちい)さくて目立(めだ)ちませんが、波打(なみう)(ぎわ)(しろ)縁取(ふちど)られるようにたくさん()(あが)っていることもあります。マツヤマワスレという、(から)につやのあるきれいな二枚貝(にまいがい)もよく()かけます。たくさん()つかる貝殻(かいがら)(おお)くは砂地(すなじ)(あさ)海底(かいてい)にすんでいる(かい)で、砂浜(すなはま)のすぐ(ちか)くから(なみ)(ちから)によって(はこ)ばれてきたものです。このほかにもカキやイガイの仲間(なかま)など、岩場(いわば)にすんでいる(かい)()につくこともあります。岩場(いわば)(ちか)くにない場所(ばしょ)でも、コンクリートでできた護岸(ごがん)離岸堤(りがんてい)があると、本来(ほんらい)岩場(いわば)にすむ(かい)()()がります。
砂浜(すなはま)()つかる貝殻(かいがら)(ちか)くの(うみ)にすんでいる(かい)だけではありません。巻貝(まきがい)のような貝殻(かいがら)(つく)るアオイガイはタコの仲間(なかま)で、日本(にほん)からは(とお)(みなみ)(あたた)かい(うみ)にすんでいますが、海流(かいりゅう)()って(はこ)ばれ、(あき)から(ふゆ)にかけて日本海(にほんかい)沿岸(えんがん)()()がります。台風(たいふう)シーズンや田植(たう)えの時期(じき)には、カワニナなど(かわ)から(なが)されてきた淡水(たんすい)(かい)やカタツムリのような陸上(りくじょう)にすむ(かい)もよく()かけます。また、(うみ)(かい)でも食用(しょくよう)となるものは(ひと)()てた貝殻(かいがら)()ざることがあります。
砂浜(すなはま)貝殻(かいがら)種類(しゅるい)季節(きせつ)変化(へんか)()ていると、()(まえ)(うみ)様子(ようす)だけでなく、(おお)きな海流(かいりゅう)(うご)きや(りく)様子(ようす)(ひと)活動(かつどう)までもが()えてきます。

関連情報

関連コンテンツ

おすすめの関連行事

とやまサイエンストピックス

PAGETOP